スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さや
スポンサー広告  

~着工48日目~外構打ち合わせ&現場訪問
昨日、13時から外構の打ち合わせがありました。
担当者の方に要望をメールで送っておいたので、それが盛り込まれたプランになってました。
参考記事

その結果、予算より90万もオーバーしたプランが出来上がってきました(^_^;)
到底無理なので、予算内に収まるように再度プランニングしてもらうことになりました。

1)パーゴラ(木製)自転車置場
材料費=約13、1万
組立費=約12、2万
塗装費=約 9、4万  計34、7万
高すぎるので却下

2)シンボルツリーの設置
プランでは2、5mのシマトネリコ
とりあえず保留。木の種類は再検討。再見積の金額によっては施主支給対象

3)アプローチを枕木で
プランでは擬木枕木(コンクリート製)と自然石乱貼り
枕木は天然木で。自然石部分は芝もしくはそれに似たもので、日陰でも育つもの

4)少し土部分を残してもらうか、花壇を設置
プランでは駐車場後方に花壇。塀側に半月型で土を残す
花壇はプランのままで。土を残す部分はもう少し広げる。

5)ポスト・表札
プランでは塗壁門柱、表札、ポスト
門柱は天然木枕木を建てて作成、ポスト表札は施主支給

これでだいたい予算に近くなりそうです。
2週間後に再度打ち合わせとなります。


その後、W社にて簡単な打ち合わせをしました。
今度の土曜日に現場で外壁、内壁の塗り方の試し塗りをすることになりました。
左官屋さんにベニヤ板に塗ってもらって決めます。
外壁、内壁ともフラットな塗りにしてもらう予定でいます。
それと、間取りや仕様を決めるだけではなく、自分たちも現場でのおうちづくりに参加するため、内壁の一部を塗ることにしました(●^o^●)
素人が塗るので目立たないところにしようと、納戸で考えていましたが、最終的には家事室を塗ることにしました。
どうなることやら・・・。
でも楽しみです♪


帰りには現場に寄ってきました。

001_convert_20090628213226.jpg
透湿防水シートで覆われていました。
これで雨が降っても心配ありません♪

DSCN1151[2]_convert_20090628213310
バルコニーです♪
防水工事も終わり、ビニールシートで覆ってありました。
思ったより広くて良かった(*^_^*)
パパは「ここにテーブルとか置いてさ~♪」ってウキウキ話してましたが、私の「ここ、物干しとかつくんだよ」の言葉に撃沈しました(^_^;)

棟梁と30分くらいお話ししてきましたが、とっても話しやすい方で、
「どんどん現場に通って!ちょくちょく確認してくれた方が助かるから」
と言ってくれました。
お言葉に甘えて、どんどん行かせてもらいます♪



最後まで読んでいただきありがとうございます♪
ランキングに参加中です
ぽちっと押していただけると更新の励みになります♪
よろしくお願いします

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
さや
上棟後   9

え?!窓が違う・・・ W社の対応は・・・
まだまだ引っ張ります、サッシ編。
番外編とでもいいましょうか(^_^;)
でも、一番重要だったりもします・・・。


現場を見に行って気になることがあると、ついついメールしてしまうのですが、先日、庇の長さの件でK社長とメールをやりとりした時に、

「これからも細かい質問をしてしまうかもしれませんが、お付き合いよろしくお願いします」

と、書いたんですね。
私、妄想癖があるので、K社長からの返信が当日中に来ないと、
「またモンスターからメール来たよ(-。-)y-゜゜゜」
とか言って、どうする?どうする?とか工務店全体でめんどくさがられて・・・
てな感じで妄想まっしぐらなんです(-_-;)

そんな時に来たK社長からのメール。

「わだかまりがある状態で進めるのは、将来にわたりお互いに為にならないので、気になる事はどんどん、ご質問下さい。お手数はかけてしまいますが、実は僕らも助かります。」

客商売ですからこのように言うのは当たり前かもしれませんが、素直に嬉しかったです。
あ~、この工務店を選んで良かったなって(*^_^*)

もちろん、気になることやミスが無いのが一番良いのですが、書面ではなくメールや電話、口頭だけで変更のやりとりをしたりしているので、このようなことが起こるのは仕方無いと思うんです、お互いに・・・って、ずいぶんと前置きが長くなってしまったので、本題に入りますね(^_^;)


写真を撮ってくるのを忘れたのですが、家事室に窓をつけているんですね。
光を入れるという役目として少し上の方に、縦300横600のFIX窓をK社長が提案してくれました。
ですが、契約の少し前に自分でサッシを見直したときに、空気出口が無いので開閉出来る窓にしたいと思い、契約時にその旨K社長に言ったと思うんです。

ですが、家事室の窓がFIX窓のまま取り付けられていたんですよね・・・。
私は言ったつもりだったんですが、正直言って確信はありません(-_-;)
もしかしたら思っただけで、契約時にはもう変更は出来ないだろうと、自分の中で片づけたのかもしれません。
もともと契約直前まではずっとFIX窓だったわけだし、今更しょうがないよな・・・。
・・・とも思ったんですが、もしかしたら・・・の期待を持って、K社長にメールしてみました。

メールを送った日から2,3日返信がありませんでした。
例の「モンスター妄想」をしてどんよりしたり、忙しくてメールを確認してないんだな!と言い聞かせたり(・_・;)

そして、ようやく来た返信。
「家事室の窓の件ですが、交換の手配を取っておきました。1週間後くらいには交換できるかと思います。」

はぁ・・・良かったぁ(>_<)

結果としては滑り出し窓に変更が出来て良かったのですが、結局のところどちらに落度があったのかは分かりません。
言った言わないの話になってしまうので、工務店が泣いてくれたということになると思うのですが(・_・;)

たぶんこのようなことはこれからも出てくるんでは・・・と思います(無いのが一番いいですが)。
でも、K社長の言葉を信じて、気になったことはそのつど聞いてみようと思います。
せっかくのおうちづくり、納得のいくおうちにしたいですもんね(^v^)



明日は、外構屋さんと打ち合わせです♪
その後、K社長のところへ行って、外壁の塗り方や、内壁の「自分たちで塗る場所」などを打ち合わせしてきま~す(●^o^●)

【おまけ】
画像が無くてさみしいので・・・
020_convert_20090627001208.jpg
JIOの検査表(?)がドアに貼ってありました。
このあとは、「内装下地張り直前の工事完了時」と「竣工時」に検査があるみたいです。



最後まで読んでいただきありがとうございます♪
ランキングに参加中です
ぽちっと押していただけると更新の励みになります!
よろしくお願いします

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
にほんブログ村
さや
上棟後   4

こだわりの?サッシ 続編
すみません、続編で引っ張らせていただきました(*^_^*)
こだわりのサッシ続編です♪

あまり口出しをしないパパが採用した、リビングのワイドスライディング 三枚連動片引き窓
当初は、FIX窓の前に筋交いが入ってしまうということでしたが、外の柱を壁状にすれば筋交いが必要無くなる!ということで、そちらを採用し、筋交いを無くしました(くわしくはこちらの記事です)。

010_convert_20090625202002.jpg
写真が暗いですね(-_-;)
でも実際は開放感があってGood!!窓3枚にして正解です♪
右側のFIX窓が、壁のまま&通常の掃き出し窓だったら、圧迫感あるし、窓も1面しか開かないってことですもんね。これなら窓は2枚開くので心地よい風も入って来そうです(●^o^●)

それと、筋交いの代わりに入った壁(窓の外にあるやつ)。
若干、リビングから望む庭の妨げにはなりますが、許容範囲かな(^_^;)
この壁と窓の間のスペースにウッドデッキが入ります。
壁出現のおかげで、ウッドデッキを設置する部分が土ではなく、コンクリート打ちされてました♪
土のままだと思っていたので、除草シートをひくか・・・とか考えていたんですが、一番良い方法で解決しました(*^_^*)
それと、このウッドデッキの上がバルコニーになっています。
なので、ウッドデッキが雨ざらしになることは一応ありません(^_^;)

こだわったサッシは以上です。
それ以外のサッシはだいたい滑り出し窓となっています!



あと、サッシからは離れますが、上の写真でもちらっと見えている天井部分。
009_convert_20090625203600.jpg
羽目板が張られていました♪
梁はむき出しになるので、リビングの天井はこの状態が完成型となります。
この3本の梁にダクトレールを設置し、2-1-2で計5個のスポットライトを取りつけます(^_^)


ほんと、だんだんおうちらしくなってきたな~♪
次回の現場見学が楽しみです(●^o^●)



最後まで読んでいただきありがとうございます♪
ランキングに参加中です
ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
にほんブログ村
さや
上棟後   6

PREV | HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。