スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さや
スポンサー広告  

筋交いが無くなりました
以前、我が家のリビングには筋交いが入るということを書きました。(記事はこちら
今日、打ち合わせだったのですが、K社長より「構造計算をしたら、この筋交いが1本ではなく2本必要になってしまった」との報告を受けました(-_-;)
要するに、バッテンにしないといけないということです。。。

打開策として、外の柱を壁状にするという提案が。
そうすることにより、筋交いは必要なくなるということです。


2009-04-14.jpg
           ↓
 
2009-04-25.jpg
壁が出来ることにより、多少なりとも視界は狭くなりますが、右側の壁に関しては腰から上はくり抜いてある状態なので採光には影響はなさそうです。
壁側にベンチとかおいてもいいし、何よりこちらの方が耐力壁として良いそうです。
確かに家の角ですもんね。。。

ということで、悩んだ末に取りいれた筋交いもあっけなくさようならとなりました(^_^;)


さてさて、次回は玄関ドアの最終決定について記事にしたいと思います♪
(大したことではありません(^_^;))



最後まで読んでいただきありがとうございます♪
ランキングに参加中です
ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
さや
リビング   0

リビングの窓に悩む
020.jpg
昨日、新宿御苑に行ってきました。八重桜満開でした

こんにちは、さやです。
私生活でブルーなことがあり、テンション下がり気味ですが、楽しいおうちづくりの話をしてテンション上げていきたいと思います!

今日は、我が家のリビングに設置予定のワイドスライディング 三枚連動片引き窓についてのお話です。

我が家のリビングの窓部分の図面です。
2009-04-14.jpg

当初は追加料金無しの掃き出し窓予定でしたが、ウッドデッキをリビングの延長にしたいとの考えから、ワイドスライディングにしようということになりました。
index_ph01_1.jpg
本当は、こういう全開放がベストなんですけど、図面の通り、我が家は窓の両側に障子を引き込むスペースが無い為、取り付ける事が出来ません。

そんなとき、K社長から提案されたのが、この三枚連動片引き窓です。
index_ph01.jpg  index_ph.jpg
片側がFIX窓(我が家は左側がFIXになります)になっているので、開口幅は窓2枚分なんですが、全面が窓になるので閉めている時も解放感があります。

なのですが・・・
ひとつ残念なことがあって、構造上、FIX窓の位置に筋交いを入れなければならないんですね(図面参照)
壁が無いので、当然筋交いはむき出しです。
W社では以前、このような筋交い丸見えのお宅を施工しており、写真も見せてもらったのですが(そのお宅はリビングとダイニングの間にありました)、床が無垢材のためか見た目特に悪くないんです。
登ったりぶら下がったりで、小さい子供にはむしろ人気?
201.jpg 設置場所、形状は違いますが、このような感じ

我が家のリビングは羽目板天井で梁もむき出しなので、筋交いもきっと部屋の一部として違和感なく馴染んでくると思います。

ただ、ワイドスライディングにしたため、金額が78,000円upなんですね。。。
コストダウンをしなければならない我が家にとっては目を付けられてしまうオプションです。
普通の掃き出し窓にしてFIX窓部分が壁になれば、当然筋交いも壁の中に入ってしまうので無くなります。
でも、「ちょっとイヤかも・・・」って思っていた筋交いも、実際の施工例などを見てると「普通とちょっと違う」というところが逆に良く見えてくるんですよね・・・。

土曜日の打ち合わせまでにどうするか決めなければ
(って、結局何一つコストダウン出来てない我が家・・・



最後まで読んでいただきありがとうございます♪
ランキングに参加中です
ぽちっとよろしくお願いします

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
にほんブログ村










    





さや
リビング   6

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。